【訃報】有名落語家さん、他界…
 


春風亭 小柳枝(しゅんぷうてい こりゅうし)は、落語家の名跡。現在は空き名跡となっている。 初代春風亭小柳枝 - 後∶初代春風亭華柳 二代目春風亭小柳枝 - 後∶八代目朝寝坊むらく 三代目春風亭小柳枝 - 後∶六代目春風亭柳枝 四代目春風亭小柳枝 - 後∶六代目春風亭柳橋 五代目春風亭小柳枝 - 後∶三代目桂三木助…
15キロバイト (1,708 語) - 2024年2月9日 (金) 09:41



 落語家・春風亭小柳枝(しゅんぷうてい・こりゅうし、本名・臼井正春=うすい・まさはる)さんが1月31日午前11時52分、老衰のため埼玉県内の病院で死去した。88歳だった。9日に落語芸術協会が訃報を伝えた。

 小柳枝さんは、1936年1月18日生まれ。東京都新宿区出身。1965年5月四代目春風亭柳好に入門「笑好」し、1968年、ニツ目に昇進、1976年、春風亭柳昇門下に移り「鶏昇」、1978年、9月真打昇進 九代目春風亭小柳枝を襲名。

 受賞歴は、1976年、NHK新人落語コンクール優秀賞、1991年、文化庁芸術祭賞、2013年、文化芸術祭大衆芸能部門大賞。得意演目は「二番煎じ」「井戸の茶碗」「柳田格之進」「抜け雀」「文七元結」「妾馬」など。

 小柳枝さんは、サラリーマン生活を経て四代目春風亭柳好に入門、のちに春風亭柳昇門下へ移籍。端正な高座が魅力の古典落語の本寸法。同協会の重鎮で且つ偉大なる存在だった。ほかにも、寄席の夏の風物時、ハワイアンバンド「アロハマンダラーズ」のウクレレとボーカルを務める一面も。柔和な笑顔と厳しく律するその姿勢は万人に愛される師匠だった。

 1995年6月理事就任、令和元年より相談役。同協会の指導役として長きにわたり協会発展に努めた。2016年に脳梗塞で倒れた後もリハビリにつとめ、幾度となく寄席の高座をつとめ、アロハマンダラーズでは唄を披露したが、加齢もあり近年は高座の機会はなかった。1月31日は朝食を食べた後、穏やかな顔で眠るように亡くなられたという。

 寄席定席の最後の高座は2018年9月20日浅草演芸ホールでの「厩火事」。葬儀は2月9日近親者にて執り行われた。

春風亭小柳枝さん


(出典 news.nicovideo.jp)