上原さくら、緊急搬送で衝撃の病名を明かす!
 

上原 さくら(うえはら さくら、1977年3月31日 - )は、日本のタレント、女優。本名同じ。 東京都足立区西新井生まれ、神奈川県厚木市育ち。所属事務所はオフィス南。身長162cm。旭丘高等学校、東海大学文学部卒業。 1994年、「第19回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し歌手として芸能界入り。…
17キロバイト (1,914 語) - 2024年2月3日 (土) 12:50



【写真・画像】 上原さくら、人格が変わった様に泣いて助けを求めた自身の病名「救急車を呼び、そのまま入院」  1枚目

 タレントの上原さくらが2日に自身のアメブロを更新。人格が変わったように泣いて助けを求めた自身の病名を明かした。

【動画】上原さくら 頭痛で救急病院へ「頭カチ割れそうで…」

 この日、上原は「片頭痛の発作重積で症状が酷くなり過ぎて動けなくなり、かかりつけのお医者さんの指示に従い救急車を呼び、そのまま入院しておりました」と入院していたことを報告。「入院して3日目の朝やっとトイレに立てるようになり、4日目に退院しました」と説明し「ご心配を頂いてメッセージを下さった皆様、気にかけて下さった皆様、ありがとうございました」と感謝をつづった。

 続けて「脳内のCT、MRIなど受けましたが、やはり私の病名は片頭痛でした」と診断の結果を報告。自身について「10歳の時から片頭痛もち」と明かしつつ「ここ1~2年で頻度が月に10日くらいに増え、1回の発作の重症度も高くなってきて、日常生活にとても支障があります」と説明した。

 さらに「痛くなり過ぎると吐いてしまうのですが、その為にトイレに移動することも出来ないくらい痛い」と述べ「今回は人生で1番辛い片頭痛でした」とコメント。「痛くて痛くて、自分でも人格が変わってしまったかのように泣いて助けを求めてました」と明かし「退院はしましたが、なんだかまだ痛いし、また救急車を呼んだ時くらいに痛くなったらどうしようという恐怖で精神的にも落ち着きません」と心境を吐露した。

 また「これから大学病院の頭痛専門のお医者さんに診て頂きます」と報告。「退院した日に久しぶりにお風呂に入りましたが、どんだけ痩せたかだけが楽しみだった」と述べつつ「驚いたことに2キロも減っていなかったです」とつづり、ブログを締めくくった。

 この投稿に読者からは「ゆっくり休んでください」「大変でしたね」「心配していました」「お大事になさってください」などのコメントが多数寄せられている。

上原さくら、人格が変わったように泣いて助けを求めた自身の病名「救急車を呼び、そのまま入院」


(出典 news.nicovideo.jp)